Project Note

穴アーカイブに持ち込まれた8ミリフィルムは、数十年の時を経て、再び動き始めました。

「遺品整理の際に見つけました」
「ずっと大切に保管していたんです」
「家を取り壊すので、最後にもう一度みんなで観たくて」
「売ってたんです、フリーマーケットで」

提供者の皆さんが、
フィルムを観ながら語ったこと。
フィルムを観るまで忘れていたこと。
フィルムを観なくても憶えていたこと。

そんなつぶやきとともに、84巻のフィルムをご紹介していきます。

また、2020年に開催する展覧会やプレイベントなど、さまざまな情報も随時お届けします。アカウントのフォロー、ハッシュタグでの情報共有にぜひご参加ください。